8月21日生まれのバセットハウンド2頭の動画

2014年9月26日

8月21日生まれのバセットハウンド2頭の動画→

 

8月21日生まれのバセットハウンドの子犬たちは生後25日になり、体重は約2㎏にまで成長しました。

体重の比較だけでいうと小ぶりのチワワやポメラニアンやヨークシャテリアやトイプードルなどと同じくらいです。

 

 

子犬たちは離乳食が始まっていますが、母乳も飲みながら成長しています。

動画にはご予約されていない2頭だけが映っています。

元気に順調に成長しています。

 

 

モトコランドのバセットハウンドにはこれといった遺伝性疾患はありません。

腰や足などの関節のトラブルはありませんし皮膚疾患もありません。

内臓も丈夫です。

犬舎や血統によって、また個体によっても違いはあるものですがモトコランドの子達には日常生活で大きく困るような健康上の問題はありません。

 

 

日頃のケアとしては、耳掃除が最も大切です。

モトコランドのバセットハウンドにも個体差は若干ありますが、週に1回かまたは2回の耳掃除が必要です。

ですから、一般家庭でもバセットハウンドを迎え入れたら耳掃除を上手にしてあげてほしいです。

上手に耳掃除ができないと、いくらマメに耳掃除をしても汚れが取りきれないです。そうすると耳の中に真菌(カビ)が生えることがあります。そうなると獣医師の処方する点耳薬がなければ治りません。

 

 

食欲があって偏食や少食の子は滅多にいませんので、食に関しては与え過ぎないように注意することくらいです。

よく食べるからといって食事をたくさん与え過ぎると太ってしまいます。ですから、愛犬が太っているのかどうかを判断できた方がいいです。

獣医さんに診てもらってもいいですが、バセットの体型・肉付きを適切に判断できない獣医さんがいますので、やはりご自身で見れた方がいいでしょう。

バセットハウンドといえども、ウェストのクビレは必要ですし、背骨や腰骨が触れなければ太り過ぎと判断してください。

 

 

散歩でダイエットすることは難しい上に、うまくできないと身体に負担となることもあります。ですので、基本的には食事の工夫でダイエットしましょう。

動画に映っているバセットハウンドたちは赤ちゃんですから当面は幼児体型です。幼児体型ですからウェストのクビレはありません。

生後4ヶ月前後からは体型が変わります。