12月25日生まれのバセットハウンドのパピー合宿

2014年4月10日

モトコランドでは子犬のお引取り時期をできるだけ遅くして頂くよう、みなさんに説明しています。

なぜなら、生後45日(法律では生後45日以降には親元から手放せることになっています)と生後100日では抵抗力・免疫力が格段に違いますし、排泄の回数もかなり違いますし、躾の入り具合も相当違います。

ただ、子犬の引取時期を遅らせるのではなく、躾を入れながらモトコランドで飼育する(パピー合宿)ことを推奨しています。

モトコランドには「生涯サポート」がありますから、生後60日(モトコランドの最短お引取り日齢)でお引渡ししても飼育後のアドバイスは致しますが、生後100日で子犬を引き取られた飼い主さんの方が、飼育後のご相談が非常に少なくなります。

ご相談が少なくなるとモトコランドが楽なだけではありません(笑)。皆さんが困らないということです。そして、子犬の負担が少なくなります。

写真のように躾とは様々な経験を積ませることです。いろいろな刺激に慣れさせることとトイレトレーニングや主従関係を構築することも大切です。うまく散歩させることもですね!

12月25日生まれのバセットハウンドはとてもいい子に育っています。明るくて、警戒心がなく、子供にも過剰に反応せず、リーダーウォークもできて、お手入れがしやすくて、健康状態が安定しており、トイレもばっちりで、犬同士の社会性も身に付けて、排便回数が少なくなりました。

これくらいに成長すると、初めて犬を飼う方々でもとてもスムーズに子犬の飼育をスタートさせることがでるのでとても喜ばれます。