11/9生まれのバセットハウンドの写真です

2022年2月3日

まだ生後1か月に満たないヨチヨチのバセットハウンドです。
何代もバセットと暮らしている方々でもこの時期をご存知の方は少ないと思います。
やはり胴が長くて体幹が柔らかいためか抱っこするとフニャっとします。
表現は難しいですがシュナやポメの赤ちゃんはフニャっとしません(笑)。

 

 

「バセットらしいバセットとは」

 

バセットハウンドの基礎犬、元祖といいますかバセットらしいバセットとはやはりブラック・タン&ホワイトです。ビーグルと間違えられやすい方の毛色です。トライカラーともいいます。

 

もともとこの毛色からバセットハウンドのブリーディングが始まった歴史があります。
それもあってドッグショーの世界ではトライカラーがほとんどな印象です。

 

性別はというと・・・バセットらしい性別・・・

これは人間が見た感覚での印象ではありますがやはり男の子(雄)でしょう。
この風貌ですから雄、人間的な感じに例えると年配男性か初老の男性でしょう。

 

ということで元祖バセットは「トライカラーのオス」に決定です(笑)!

あくまでも好みと独断で決定いたしました。

男の子のバセットの味わいあふれる魅力を感じて頂ければ幸いです。